神がかり

(*´꒳`*)ご訪問ありがとうございます

 

先日、JKCのトリマーB級ライセンスを受験いたしました

これまで、いろいろと資格試験を受験してきましたが

筆記試験だと緊張せずにワクワクするんですけど

実技試験ってとてもプレッシャーを感じてしまいます

緊張やプレッシャーで普段の6割~8割の実力しか発揮できなくても

合格レベルに達するには、それ以上の実力をつけなければいけません

正直、自分のトリミングのレベルではB級は難しいよなあって

思っています(今持っているのはC級ラインセンス)

でも、何か目標がないとね

午前中に自分のモデル犬をシャンプーし

ブローして、午後の本番に備えます

何事も同じですが、前準備はとても大切で

ブローで失敗したら、綺麗にカットできないし

ちゃんとシャンプーができてければ、ブローが上手くできません

普段の授業だと、「まだちょっとこの辺が不十分かな」って

思っても、シャンプー台が空くのを待っている人がいるし

ついつい妥協したりもしてしまいます

今回のモデル犬は、同じ学校の友人からお借りしたので

直ぐにシャンプーできるように、ブラッシングなどを済ませてくれていて

一番乗りでシャンプーに入れたため、誰にも気をつかうことなく

納得いくまで洗えました

ブローも、事前にWan-Dressの先生に私の苦手ポイントを

指摘してもらっていたので納得のいく仕上がりとなりました

いよいよ本番、制限時間は2時間です

静かな部屋で、バリカンやハサミの音だけが鳴り響きます

でも今回は緊張することなく

なんだか、すごく集中していて

感覚が研ぎ澄まされておりました

いつもはバリカン(足裏、足先、肛門、お腹、尾、顔)

全て終わらせるのに30分掛かっていましたのが

15分で終わりました

一通り粗刈りが終わった時点で、残り時間30分

余裕やん!

粗刈りも、自分的には納得の形になりました

チッピングという毛先を整える作業も

いつもよりもハサミが安定していてバッチリ

本番前に同じトリミング学校のK子さんが

「合格できるように念をおくっといたから」

とメッセージがくれていたので

おそらくその念が私に届いたのでしょう

その日の私は神がかっておりました(笑)

もう、自分の実力全部出しきれた!

っていう満足感で終わりました

不思議なもので、

自分の実力を出し切れたら

それで落ちても悔いはない

そんな感覚です

スポーツをしたあとのような

清々しさでした

さくらちゃんお疲れ様でした!