出張ドッグトレーニング 小瑚ちゃん 2回目

(*´꒳`*)ご訪問ありがとうございます
 
WagsTailのドッグトレーナー平口です 
 
8ヶ月のトイプードルの女の子
 
小瑚ちゃんの2回目の出張ドッグトレーニングに伺いました
 
音に対する警戒吠えと、要求吠えがお悩みです
 
まずは、きちんと飼い主さんの指示を聞けるように
 
平静時でのトレーニングを行っています
 
 
オスワリ、フセ、タテは、言葉をつけて練習しました
 
何かを教えるときに「オスワリ」など
 
指示語を言いたくなりますが
 
まずは手で誘導して動作を教え、誘導から手の合図へと
 
変えていき、手の合図で出来るようになったら
 
言葉をつけて、その言葉の「意味」を教えていきます
 
大事なのは、まず「オスワリ」など
 
指示語を言ってから手の合図を出すこと
 
ついつい、同時に言葉と手が出てしまうのですが
 
それでは、手の動きばっかり注目して
 
言葉が耳に入らないんですね
 
なので、手は後ろに隠して
 
言葉で指示を出した直後に手で合図を出しましょう
 
 
ハウスは言葉や手の合図で上手に出来ていましたが
 
 
すぐに出てきてしまうので
 
出てくる前に「ヨシ」と解除の合図を出すようにしました
 
「ヨシ」と言われるまではハウスにいられるように
 
少しずつ「ヨシ」を言うまでの時間を延ばします
 
「マテ」はちょっと苦戦しているようでしたので
 
再度時間を延ばす練習をしました
 
出来ない時は、1~2秒だけ待ってすぐにクリッカーを鳴らすなど
 
ハードルを下げることで、何をして欲しいのか
 
ちゃんと意味を伝えてあげる必要があります
 
 
 
今回は新しくバイバイの練習をしてみましたよ
 
最初はオテの手を出す位置を上にあげていって
 
ハイタッチの形にします
 
(オテがまだできない子はオテの練習から始めます)
お母さんともお姉ちゃんとも上手にできてますね!
 
次に、ハイタッチしようと小瑚ちゃんが手を出したら
 
すかさず手を引いて空振りさせます!
 
意地悪をしているわけではありませんよ(笑)
 
さっきまでは手にタッチするルールでしたが
 
タッチせずに空振りすれば正解!とルールが変わったので
 
それを伝えるために、わざと空振りさせてあげます
 
最初のうちは空振りさせなきゃ!と
 
飼い主さんが思いっきり手を引くので
 
小瑚ちゃんも必死に手を追いかけてしまいます
 
違うよ~小瑚ちゃん(笑)
 
タイミングを見計らって、すっと手を引くのが
 
最初は難しいので、飼い主さんも練習が必要ですね
 
 
スピンは言葉をつけて練習しました

言葉を言ってから手を動かしてくださいね~

 

とお伝えしていますが

 

ついつい言葉を言う前から、手の合図を準備してしまいます(笑)

 

私もついついやってしまいますので気持ちはわかりますよ!

 

でも、言葉を言う時は何も手を動かさないようにしないと

 

小瑚ちゃんはそれが合図だと思って見しまうので

 

言葉の指示が耳に入っていない可能性があります

 

最後に、合図で吠える練習もしました

オスワリのトレーニングをしている時に

既にオスワリ をしていたら練習できないので

フセの指示を出したりします

同じように、吠えをやめさせる練習をするには

吠えている必要があります

合図で吠えるようになったらトレーニングしやすくなりますよ!

 

今日も盛りだくさんでした

 

また次回よろしくお願いいたします!