中身を知る

(*´꒳`*)ご訪問ありがとうございます  
 
WagsTailのドッグトレーナー平口です

 

JKCトリマーB級ライセンスの

筆記試験を受けてきました

 

その場で採点してもらって

文句なしに余裕の合格となりましたが

実技試験の方は残念ながら落としてしまいました

 

先生も学校の友人もみんな

「問題なく受かるだろう」

と言ってくれていて

合格祝いパーティまで

企画してくれていたので

期待に添えず申し訳ない(><)

 

でもパーティはやりますよ(笑)

 

評価としては

最初は上手に出来上がっていたのに

仕上げの段階でちょっと切りすぎた為に

カットで補正していたはずが

中身の体型が出てきてしまったのが残念

 

とのことでした

 

でも、十分合格できるレベルだと言ってもらったので

 

もう一度だけリベンジしてみようかと思っています♪

 

 

トリミングではその犬種の理想的な形に近づくように

カットによって体型補正をしたりします

 

体は当然動きます

 

だからじっと立った状態で恰好よくても

動いたときに崩れないかということも

考えなくてはいけません

 

 

トリミング学校で骨格と皮膚

そしてラムクリップというカットスタイルを

描く宿題が毎週出されていた時期がありました

 

先生に見てもらって、修正してもらって

それを踏まえてまた次の週も描いて提出します

 

べつに忘れたからといって怒られるわけでもないので

だんだんと描いてこない人が増えていき

最後は私一人だけになりながらも

横から見たスタイルは合格!

と言ってもらえるまで描き続けました

合格をもらえた時の実際の絵です

この後、正面や後ろから見た場合の絵も描いたりしました

 

しつこく描きつづけた甲斐があって

ちゃんと骨格を意識しながら

カットできるようになりましたよ

(ちゃんと思い描いたようにカットできるかどうかは

別問題ですが、ちゃんと私の目には骨格が見えてます笑)

 

中身を知るということはとても大切です

 

しつけも同じで

 

なぜ吠えるのか、なぜ噛むのか、

 

それぞれに理由があって

 

それによって対処法も変わってきます

 

表面だけで判断してはいけないんですね